Overwatch外国語完全?ガイド ~韓国語編

今回は前回の記事でも言った通りOverwatch用語の韓国語辞典。

Overwatchと言ったら韓国! 色々な理由はありますがOverwatchと韓国は切り離せない関係にあり望まなくても韓国の人達とプレイすることが必須なゲームです。

そこで今回はこれを読めば日常会話まで!は無理ですがゲーム中のコミュニケーションは困らないはず!という感じの韓国語辞典を紹介します。またハングル表記も記載するのでコピペ等して使ってもらえれば。

ちなみに画面右下のA/あ、となっている部分を右クリック→単語の登録を選ぶことでコピーした単語を予測変換に登録することができます。

これを右クリックし、

単語の登録を選び、開いた画面にこのようにしておくと日本語で打って韓国語を出すことができます。

以下、 日本語・ハングル・発音・俗称の順番になります。

発音はゲームの内での意思疎通を目的とするため、このように発音すれば通じるというものを載せています。実際の韓国語的に正しい発音とは違うものもありますがご了承ください。

ヒーロー名

D.Va       디바   でぃーば

アッシュ     애쉬   えっしぃ

アナ       아나   あな

ウィドウ     위도우  うぃどう

ウィンストン   윈스턴  うぃんすとん

オリーサ     오리사  おりーさ

ゲンジ      겐지   げんじ

ザリア      자리야  ぢゃりや

シグマ      시그마  しぐま

シンメトラー   시메트라 しめとぅらー   シメ

ジャンクラット  정크랫  じゃんくらっ

ゼニヤッタ    젠야타  じぇんやった   ヤッタ

ソルジャー    솔저   そるじゃー

ソンブラ     솜브라  そんぶら

トレーサー    트레이서 とぅれいさ

トールビョン   토르비욘 とーるびょん

ドゥームフィスト 둠피스트 どぅーむふぃすとぅ ドゥンピ・ドゥーム

ハンゾー     한조   はんじょー

バスティオン   바스티온 ばすてぃおん

バティスト    바티스트 ばてぃすとぅ

ファラ      파라   ぱら

ブリギッテ    브리기테 ぶりぎって

マクリー     맥크리  めくりー

マーシー     메르시  めるしー

メイ       메이   めい

モイラ      모이라  もいら

ラインハルト   라인하르트 らいんはるとぅ ライン

リーパー     리퍼   りぱ

ルシオ      루시우  るしう

ハム       레킹볼  れっきんぼーる  ハムスター

ロードホッグ   로드호그 ろーどぅほぐ   ホッグ

メタ・コンボ

ハルザリ      라자  らじゃ

ウィンストン+D.Va 윈디  うぃんでぃ

オリーサ+ホッグ  호리사 ほりーさ

ファラ+マーシー  파르시 ぱるしー

Goats        33   さむさむ

オリーサ+シグマ  오그마 おぐま

ロール

タンク        탱커  たんかー

DPS        딜러  でぃーらー

サポート      힐러  ひーらー

方向・場所

上         위에  うぃえ

下         아래  あれ

右         오른쪽 おるんちょ

下         왼쪽  うぇんちょ

前         앞에  あぺ

後ろ        뒤에  でぃえ

2階         2층   いーちゅん

ここ        여기  よぎ

あそこ       저기  ちょぎ

どこ        어디  おでぃ

拠点・ポイント   거점  こじょん

ペイロード     화물  ふぁむる

報告・要請

居た・あった    있어   いっそ

来た        왔다   わった

死んだ       죽었다  ちゅごった

できる・可能    가능   かぬん

したいです     하고싶다 はごしぷた

ヒール       힐    ひーる

ナノブースト    뽕    ぽん

助けて       살려조  さりょじょ

ください      주세요  じゅせよ

してください    해주세요 へじゅせよ

寝た        잔다   ちゃんだ

倒した       잡았다  ちゃばった

行こう       가자   かじゃ

下がって       빼자   っぺじゃ

気を付けて     조심해  ちょしめ

見る(対処する)   볼게   ぼるけ

絡む         물게   むるけ

見えない       안보여  あんぼよ

防いだ        막았다  まがった

大丈夫       괜찮아  けんちゃな

勝てる       할만해  はるまね

OW用語

ULT        궁    ぐん

拠点        거점   こじょん

ペイロード     화물   ふぁむる

回復阻害      힐밴   ひーるべん

ハック       해킹   へっきん

龍神剣       용검   よんがむ

盾・バリア     방벽   ばんびょく

サージ       자탄    ちゃたん

ナノブースト    뽕    ぽん

ヒールパック    힐팩   ひーるぺっく

敵         상대   さんで

返事

はい        네    ね

いいですよ     좋아요  ちょあよ

ダメ        안돼   あんで

スラング

hi         ㅎㅇ   はい

オッケー      ㅇㅋ   おけ

わかる(同意)   ㅇㅈ   いんじょん

ごめん       ㅈㅅ   ちぇそん

gogo        ㄱㄱ   ごーごー

nono        ㄴㄴ   のーのー

www       ㅋㅋㅋ  くくく

(笑)       ㅎㅎ   ふふ

こわい       ㄷㄷ  

バイバイ      ㅂㅂ   ばいばい

お疲れ       ㅅㄱㅇ  すごよ

ナイス       ㄴㅇㅅ  ないす

頑張ろう      ㅎㅇㅌ  ふぁいてぃん

ありがとう     ㄱㅅ   かむさ

GG         ㅈㅈ  じーじー

基本的に文法が日本語と同じな為、

상대 さんで 겐지 げんじ 궁 ぐん 있어 いっそ 조심해 ちょしめ

(敵 ゲンジ ULT ある 気を付けて)

みたいな感じで上に記載された中から組み合わせれば言いたいことは伝わると思います。

書き漏らし・思い出したものがあれば随時追加します。恐らくここにあるもので試合中は困らないはず…これ欲しいというものがあればリクエストをください。

初心者脱却~go to grandmasterガイド(仮) #2 コミュニケーションを取ろう

日本人はとにかく喋らない

これはグランドマスター付近のプレイヤーであれば誰でも感じたことがあるのではないでしょうか。VCをしないのは様々な事情があるから大目に見てもチャットでさえ無視ということも。国民性の問題なのか、OWは日本人の割合に対して外国人の割合が非常に多いので言語の壁があるとしても、筆者の経験では日本人に日本語で話しかかても返ってこないというのもザラ。

愚痴のようになってしまいましたが、これはレートをあげるという観点から見てもとてもマイナスです。

何故なら、貴方の画面に映っているものと味方の画面に映ってるものは違うからです。これは当たり前のことですが重大な問題で、あのマーシー瀕死なのに!という状態でもそもそも他の人の画面ではマーシーは画面に映ってさえいない、みたいなことがプレイ中数えきれないほどあります。

当然見えてないものに対しては攻撃もヒールもしようがないので連携もなにもありません。

これを解消する方法はただ一つで、コミュニケーションを取り出来るだけ正確に、リアルタイムに状況を伝える

これは先日行われた、OWL2019 S1 プレイオフのソウル vs NYXLでのソウル選手達の試合中の様子。プロだとこのレベルのコミュニケーションが必要ですなにいってるかわからんw

また韓国人で現デトネーターのストリマーでもありTOP500常連だったKH氏は自身の配信で「Overwatchの半分はコミュニケーション」的なことを言っていました。

OWではチーム全体の情報量の差は個人のAIM差よりも遥かに重要な要素であり、更にこの差は練習はいらず喋るだけで改善できます

一か月AIM練習するよりも1試合ちゃんと喋るだけでレートがあがるなら喋らない手はありません。

とはいえ僕も日本人。えー正直知らない人と世間話とかできないし…とか喧嘩になったりしても嫌だし…なんていう意見も分からなくはありません。

そこで今回はトラブルを避けつつレートをあげる為のコミュニケーションのポイント・心がけを記載します。

1.味方に対する愚痴・暴言を言わない

会話しようとは言いましたがこれは最悪です、絶対やめましょう喋らないほうがマシです

時には決して上手いとは言えない味方や苦しい状況に陥り味方に一言申したいなんて気持ちにもなるでしょう。

暴言や愚痴を言っても味方は突然上手くなったりはしませんし暴言は言われた人とそれを目撃しただけの人の処理能力が著しく落ちることが科学的に証明されています。(詳しくはこちら 
https://togetter.com/li/1201526

つまり、人間性の問題を抜きにしてゲームで勝つことだけを見ても、負けに直結します

OWのプロ、ストリーマーにもいわゆるTOXIC(暴言が多い)プレイヤーはいますが彼らの多くも味方の文句を言うときはマイクをミュートしてます。

例えばヒールをしてほしかった、ヒール全然来ない、なんかしろよ、genji noobなんていうのは全部愚痴・暴言に該当しますし、溜息も暴言です。

当ブログでは読者の人間性については問いませんが、戦略的に見てマイナスでしかありません。とにかくやめましょう。レートが下がります。

2.現在・これからについて話す、過ぎたことを話さない

上の項目に繋がりますが、これは戦略的にも重要ですし相手を不快にさせない会話のコツでもあります。

例えば貴方が死んでしまい、「ヒールが欲しかった…」というように既に過ぎてしまったことに対して何かを言うことは愚痴でしかありません。

そのこと自体は既に起きてしまいどうしようもなく、OWはプレイ中情報量が多いのにそんなことを言っても相手は余計に混乱するだけです。

混乱してミスが増えまた文句を言われ喧嘩になる…というのをよく目にします。

なので味方へのオーダーは今からこれをするのでなにをしてほしい、これからこうしたいからなにをしてほしい、といった具合にしましょう。

例えばゲンジをプレイしていれば、「今から右上の高台のソルジャーと戦うからヒールしてほしい!」「今から後ろのヒーラー狙うからウィンストンも一緒に飛んでほしい」といった感じに、「これから」「どこで」「なにをするから」「なにをしてほしい」という風にプランを伝えることが重要です。

個人的なプランだけではなく、「上の敵がキツイからみんなで遠回りして上から行こう」という風にチーム全体での作戦について話すのもいいでしょう。

もう一度言いますが過ぎたことについて話すのはやめましょう。

3.取り合えず戦ってる敵の名前を呼んでおく

無計画に聞こえるかもしれませんが、実は非常に有効です。

なんやかんや言っていますが実際、突然一緒になった野良6人、または4000以下の実力のPTが試合中に複雑な作戦を立ててその通りに連携して行動するなんていうことは不可能です。

つまり連携に見えてるもの正体は、自分が味方に合わせるか、味方が自分に合わせるかのどちらかです。

こうなったときに、とりあえず戦ってる敵の名前を呼んでおくというのは味方に自分が何をしてるのか伝え合わせてもらうための材料になります。

ゲンジが「マクリーマクリー!」と叫んでいれば「マクリーと戦ってるの援護しよう」となりますし、ゼニヤッタが「トレーサートレーサー!」と叫んでれば助けにいこうとなります。

また、「アイツなにしてるかわかんない」といったように思われることも防げます。

4.取り合えずナイスって言っておく

これは必ずやらなければいけないことではないので、やらなくても構いませんし馬鹿みたいに思えるかもしれませんが多くのプロもやってます。

1の反対で、やはり基本的に誰でも褒められたほうが気持ちいいしパフォーマンスもよくなります。全てのプレイヤーにチームのムードメイカーをになってプレイしろとはいいませんが、雰囲気の良さは有利にも働くし自分のストレスを軽減させることにも繋がります。

また筆者は日本・韓国・中国・NAでプレイしましたが当然どこでも通じます。

心を込めてチームを励ませとまでいいませんが、言っても減るものでもないですし脳死で味方のキルログ全部に言っておいてもいいかもしれません。

TOP500のプレイヤー、特に韓国人はとりあえずナイスって言っておけばいいみたいな傾向が見られる人も多いです。

上手いプレイヤー程味方の士気を下げないように努めています。見習いましょう。

いかがでしょうか?別に仲良く世間話する必要はありません。

筆者も試合中以外のヒーロー選択画面等ではマイクをミュートにしていますし、また味方にTOXICなプレイヤーがいれば問答無用でミュート・離脱してます。試合が終わった後も特に何も話さず退出します。

ですが冒頭でも書いた通り、「Overwatchの半分はコミュニケーション」です。

肩身狭い現代日本なので家族・隣人に迷惑がかかる、知らない人とは喋りたくない等色んな事情があると思いますが、可能な限り喋ってみましょう。

せめてチャットぐらいは反応しようw

近いうちに英語・韓国それぞれの試合中に使える言葉を網羅した記事を書きます。

初心者脱却~go to grandmasterガイド(仮) #1 ヒーローの特性・相性を覚えよう

突然ですがルシオが1秒にいくつヒールできるか分かりますか?ウィンストンの1秒のダメージ量は?分かる人は読む必要がないかもしれません。

だいたいブロンズ~ゴールドに向けた記事です。

筆者は初めての認定がシルバーぐらいだったのでブロンズに関しては他人の配信でみた感想になってしまうのですが、このレート帯にいる人の一番の課題はヒーローの性能や相性についての知識が乏しい・曖昧であることだという印象を受けます。

極端な例をあげるとファラがいるのにリーパーをプレイし続けてしまうみたいなやつですね。

OWに限らずゲームが上手くない人はとにかく説明書を読まない!上手な人ほど歩くwikiかってくらいなんでも知ってます。

OWではヒーロー同士の相性はじゃんけんに等しいほど勝敗に直結します、またより高いレート帯に行くほど細かな知識の差が勝敗を分けることが増えます。

全てのヒーローを使える必要はないですがどういうことができるか知っておくだけで対処法などを考えることに繋がるので、まずはどのヒーローが相手のヒーローに有利であるかだけでも間違いなく言えるようになりましょう。

ヒーロー・ギャラリー、もしくはヒーロー選択画面でF1を押すことでキャラクターのスキルの概要が見れます。

新ヒーローや初めて触るヒーローは必ず読みましょう、ほとんどのプロもやってることです。多くのプロも新ヒーローが追加されるとこの説明を読んでしばらく練習場で触ってスキルの感触やダメージを確認します。

理解してから使うことは、使いながら理解することよりも効率がいいです。

ただしこの説明欄ではダメージの詳細は確認できません、 練習場のBOTはHPが200なので何度か撃ってみてダメージを確認するといいかもしれません。


さて基礎的なことは分かったけど相性とか言われてもよくわかんない! なんとなくわかるけど自信がないという方もいるのでは?

そんな方に、ストリーマーであるKarQがYoutubeにアップロードしてるこの 「1TIP for EVERY HERO Serise」

全ヒーロー 一覧 https://www.youtube.com/playlist?list=PLgRMcvKNkYFyD7RyWlNmvYF0NWcKei5z7

簡単に言えば、TOP500常連のプレイヤー達が各ヒーローごとに全ヒーローへ対する戦い方・知ってると有利になるような小技を紹介する動画です。

(時間があれば日本語字幕を作るかも)

戦い方のテクニックの他、絶対に戦ってはいけない相手も紹介されています。

数シーズンにわたってTOP500常連のプレイヤー達が絶対に無理というので無理です、相手に該当するヒーローがいる場合は大人しくピックを変えましょう。ピックを素早く変更することもOWでは重要な勝ち負けの要素です。

逆に不利だと思ってたけど実はこうすれば戦えるといったような場合もあるかもしれません。自分の使うヒーローだけでも是非確認しましょう。

他にも様々な方法でヒーローの特徴を知ることができますが、重要なのは自分ができるかできないかではなく本来そのヒーローがなにがでるか、なにができないかという基礎情報をしっかりさせることです。

これが曖昧になってると負けてる原因があやふやだったり勘違いしてしまったりします。

少し面倒ではありますが出来るだけ全ヒーローの相性を把握できるようにしましょう。